2007年01月25日

鉄コン筋クリート

??〓〓??.jpg

●鉄コン筋クリート (2006)
 監督 マイケル・アリアス
 原作 松本大洋
 声演 二宮和也、蒼井優、伊勢谷友介、宮藤官九郎、大森南朋、
     岡田義徳、森三中、田中泯、本木雅弘 など


今年一発の映画は、
『鉄コン筋クリート』でした。

こちらの作品は、
昔、漫画を読んだことがあったので、
絵を動かすこと+声をあてることで、
あの独特な世界観が壊されちゃうんじゃないかと
ちょっと不安だったんですが、
やるね。あの監督。

外人さんなんだけど、
あの人が一番の松本大洋ファンなんじゃなか、
という印象を受けました。

ちなみに誰なんだろう、
と思って調べたら、
『アニマトリックス』の制作を手がけたりと、
CG系に強いみたいです。

さて、
不安だった声優陣も、
さすが豪華な俳優達を使ってるだけあって、
ほとんど違和感無し。
素晴らしい。

特に、「シロ」役の蒼井優には脱帽です。
天才ですな。
映画始まってしょっぱなの
「おっぱい、ぼっい〜ん♪」
にはちょっとビックリだが。

あとは、
ストーリーをだいぶ忘れてたけど、
再確認できました。

いいですね。

人の中にある、
「光と闇」、
「強さと弱さ」
なんてものが上手に表現されてました。

あとは、
なんといっても
松本大洋の独特の言い回し。

『安心、安心。』
『ソコカラナニガミエル』
『ココカラミンナガミエルヨ』
『誕生こそ消滅の始まりなのだよ、木村君。』
『平気ですよ。俺、不感症だし・・。』
『もちも〜ち。こちらシロ隊員。お〜とぉ〜、どうじょ〜。』

それが、
忠実に映画でも活かされてて
かなり気持ちよかった。

とりあえず、
漫画は買いましたが、
DVD出たら、
きっと買うと思います。

安心、安心。

posted by ます at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

ルパン三世 1$マネーウォーズ 

〓〓〓@??P.jpg 

●ルパン三世 1$マネーウォーズ (2000)
 監督 殿勝秀樹
 原作 モンキー・パンチ


はいはい。
またルパンシリーズです。

いやぁ、やっぱりいいですね。
シリーズものでこれだけ色々見ても飽きないのって、
「ルパンシリーズ」か、「007シリーズ」ぐらいなんじゃないかね?

ストーリー的には、
石油問題をテーマにしたりと、
やたら経済がらみでちょっと大人向けのストーリー。
他の宇宙人が出てくるような作品とかと比べると、
よっぽど現実味があって、こういうのの方が楽しめる感じ。

あと、
タイトルにある1ドルが、
しょっぱなから、最後の最後まで関わってくるっていう
こだわりには結構好感を受けました。
いいね。こういうの。

ただ、最後のボスを懲らしめるルパンがカッコ良すぎかな。
かなり男前でした。

posted by ます at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険

〓〓〓〓@÷〓〓[〓〓〓.jpg 
 

●クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険 (1996)
 監督 本郷みつる
 原作 臼井儀人
 声優 矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治、田中秀幸、
     大塚芳忠、雛形あきこ など


こないだ初めて見た(見させられた)クレヨンしんちゃんの映画が
「何じゃこりゃ」って気持ちにさせられたので、
リベンジとばかりに見てみました(見させられた)。

ん。

まぁまぁかな。
一応ストーリーは無いようであるのね。
いや、
あるようで無いといった方がいいのか・・・。

ただ、一つ面白かったのは、
雛形あきこを、ストーリー内でも実名でアイドルとして登場させてること。
これも一つの「プロダクト・プレイスメント」なのかな? 
 


でも、
次も「これ見ろ!」って薦められたら見てしまうかも。
※自主的には見ません。

posted by ます at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

ジャイアント・ピーチ

×〓〓〓〓〓〓[〓.jpg 
 

●ジャイアント・ピーチ(1996)
 監督 ヘンリー・セリック
 製作 ティム・バートン、デニーズ・ディ・ノヴィ
 出演 ポール・テリー、ジョアンナ・ラムレイ、ミリアム・マーゴリーズ、
     ピート・ポスルスウェイト
 声演 リチャード・ドレイファス、スーザン・サランドン、
     サイモン・キャロウ、デヴィッド・シューリス


ティム・バートンが製作指揮で入ってる作品。
実写とアニメーションが合わさったような作品です。

ストーリーとしては、
家の主はすごく性格が悪くて、
気の弱い主人公はいつもいびられてるっていう設定。
この人、こういう設定好きなのかな?

「コープス・ブライド」そっくりだ。

っていうか、コープスブライド(アニメ)が、
この設定をもとにしたのかも。
そう考えると、実写部分で出てくる2人のおばさん、
(一人は細くて背が高い。もう一人は太ってて小さい。)
コープスブライドの両家のおばさんそっくりだ。

あと、
今回、他の作品に出てる人(キャラ)が出てました。

「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」の主人公ジャック。

彼が沈没船の骸骨船長として出てました。

なんかコスプレしてるみたいで、
なかなかかわいかった。


まぁ、全体でいうと
完成度もあまり高くないような印象を受けたので、
自分みたいにティム・バートン好きとかじゃなければ
見なくてもいい映画だと思います。

posted by ます at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

ルパン三世 ロシアより愛をこめて

〓〓〓@〓〓〓〓¨.jpg

●ルパン三世 ロシアより愛をこめて(2003)
 監督 出崎統
 原作 モンキー・パンチ

ん〜、まぁ、普通って感じです。
あまり盛り上がりに欠けるかなと。

ストーリー的に、まぁかっこいい悪役がいるんだけど、
いかんせん絵が雑すぎる。もったいない。

まぁ、あれだ。どんまいだ。

posted by ます at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

おもひでぽろぽろ

¨??????????????.jpg

●おもひでぽろぽろ(1991)
 監督 高畑勲
 原作 岡本螢、刀根夕子
 声優 今井美樹、柳葉敏郎、本名陽子、寺田路恵、伊藤正博 など


いわゆる宮崎作品ではない、ジブリ作品。

でも、結構好きな作品です。

ストーリーとしては、
自分の少女時代(小学5年生)を振り返りながら、
自分の気持ちを整理し成長していくOLのお話。

誰にでもありそうな日常風景を、ゆったりと描いた作品。

ただ、小学5年生時の出来事が
すごく懐かしく描かれていてかなり好印象。
もちろん自分だってその時代に生まれてなかったのに
なぜか懐かしい。

「三丁目の夕日」とかも同じだけど、
何で経験もしてない過去が懐かしいんだろう。
少し不思議。
でも、そんな昭和レトロ、意外と好きです。

あと、
この作品にも他ジブリ作品同様、
名セリフがありました。

「雨の日と、晴れの日と、曇りの日。どれが一番好き」
「・・・。曇りの日。」
「おんなじだ!」

こういう純粋な気持ちを持っていた小学校が懐かしくなりました。

posted by ます at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

スチームボーイ STEAMBOY

〓〓[〓〓[〓.jpg

●スチームボーイ STEAMBOY(2003)
 監督 大友克洋
 出演 (声優)鈴木杏、小西真奈美、中村嘉葎雄、児玉清


「AKIRA」の監督が製作期間9年、総製作費24億円かけて
つくった大作なんだと。

一言で言うと「微妙過ぎ」。

何かストーリーももっと面白くできるだろうとも思うんだけど、
最大の問題点は『声優が下手すぎる』こと。

びっくりした。
マジ下手。
特に鈴木杏。

そもそも声優じゃないから仕方ないのかもだけど、

荷が重過ぎましたか?

気が萎えるわ。萎え〜。

収穫は、最後のスタッフロールで、「児玉清」の名があったこと。
そういえば、言われてみればあの人の声だった気が。

クイズのまま。TVのまま。

う〜ん、アタックチャ〜ンス!!

posted by ます at 18:50| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

ルパン三世 DEAD OR ALIVE 

ルパン D OR A.jpg

●ルパン三世 DEAD OR ALIVE(1996)
  監督 モンキー・パンチ、矢野博之
  原作 モンキー・パンチ


ん〜。
たまに新しい作品だと絵がキレイすぎて、
少し癖が強くてあまり好きじゃないすね。
違和感が否めない。

そこはしょうがないとして、
ストーリーは、
「ナノマシーン」とか出てきたり、
ちょっとしたドンデン返し感があったりと、
なかなか面白かった。

えぇ、何で開くの!?
っていうシーンもあったけど、
まぁまぁの作品な感じです。

posted by ます at 00:42| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

ルパン三世 ハリマオの財宝を追え!!


●ルパン三世 ハリマオの財宝を追え!!(1995)
  監督 宮繁之
  原作 モンキー・パンチ


ん〜、今回ははずれかなぁ。
ちょっとキャラ設定をいじりすぎというか
カスタマイズしすぎな感じが。

例えば五右衛門が、
ルパン・次元や、敵サイドの用心棒をするんだけど、
それを“アルバイト”って表現してて、
「時給930円で」とか、
「もっと上げてほしいでござる」
なんて言っちゃってるわけ。

おいおい、
イメージが崩れるからやめてくれっての。

posted by ます at 19:58| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

ティム・バートンのコープスブライド 

 

●ティム・バートンのコープスブライド (2005)
 監督 ティム・バートン
 声優 ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、エミリー・ワトソン
     トレイシー・ウルマンなど


映画館で見て感動して、DVD買ったのをまた見てみました。

やっぱりいいよ、これ。
「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」よりは
音楽性に欠けるけど、ストーリーはこっちの方がしっかりしてる。
軽く泣きそうになるぐらい感動するしね。

ブライドが相当良い。
あんた良いやつだよ。

ティム・バートンってあれね。

人では無い生きもの(?)を使って、
人間の心理を描写するのが上手ね。

そこがとても好きです。

posted by ます at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎


 

●ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎(1999)
  監督 出崎統
  原作 モンキー・パンチ


これはよかった。
今まで見たルパンシリーズの中でも上位に入りそう。

かなり次元がかっこいい。

特に死を覚悟してルパン・五右衛門の制止を振り切って
出てくシーンがかなり良い。

次元好きなら見て損は無いかも。

posted by ます at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

ルパン三世 天使の策略(タクティクス)〜夢のカケラは殺しの香り〜


 

●ルパン三世 天使の策略(タクティクス)
 〜夢のカケラは殺しの香り〜(2005)
  監督 宮繁之
  原作 モンキー・パンチ


今回も面白かった。
っていうよりすごい洗練されている印象を受けた。
最近の作品だからかな?

ルパン、次元、五右衛門、不二子(そして銭形)のそれぞれに
ライバルというか敵がついていて、
各々の対決がなかなか見ものでした。

ただ、ちょっと敵ボスが誰かが最初から読めやす過ぎだけど、
出てくる敵女性陣もかわいいし、楽しめました。

なかなか良い作品ですよ。


ところで、ルパンシリーズがそろそろ
廉価版(といっても邦画だから高いけど)DVDとして、
発売されるという噂を聞いたけど、まだかね?

posted by ます at 14:27| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。