2007年01月31日

サンキュー・スモーキング

〓〓〓〓[@〓〓[〓〓〓.jpg

●サンキュー・スモーキング  (2006)
 監督 ジェイソン・ライトマン
 出演 アーロン・エッカート、マリア・ベロ、デヴィッド・コークナー、
     キャメロン・ブライト、ロブ・ロウ、アダム・ブロディ、
     ケイティ・ホームズ、ウィリアム・H・メイシー、J・K・シモンズ、
     ロバート・デュヴァル  など


前からずっと気になっていた映画で、
ようやく観ることができました。

日曜の昼過ぎの映画館だというのに、
客は自分合わせて7人程度。

これはヤバイかも、
と観る前は少々不安にもなりました。

が、結果は◎!!
かなり良かった。
「鉄コン筋クリート」に引き続き、
今年映画館で観た映画はまだハズレなしだ。


ストーリーを簡単に説明すると、

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
主人公は、嫌煙運動が激化しているアメリカにおいて、
大手タバコ会社が共同出資で設立した
「タバコ研究アカデミー」の広報部長。
いわば「ニコチンのカーネル・サンダース」。

タバコによる死亡者は一日に1200人。
世の中からブーイングの嵐を浴びながらも、
自信に満ちた「しゃべり」を武器に突き進みます。

で、途中命の危険に晒されたり、
スキャンダルで失墜したりで人生の方向性を見直すが・・・。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ってなお話です。

すごいよ。

舌先三寸で、
世の中を味方につけたり、
敵に打ち勝ったりするわけです。

いやぁ、
気分爽快です。

そして、
人から付けられたあだ名は、
『情報操作の王』。

かっこいい・・・。

嘘は言ってないんです。
ただ、一握りの真実を爆発的に膨らますんです。
そして、相手に魅力的に見せる。

そういえば、
就活期の自分もこれをテーマにしてたなぁ・・・。


そして、今。

自分のいる業界も、
割とそういう仕事なわけで、
今の自分にはエッジとなるような強みもないわけで。

そう考えたときにどこを伸ばしたいかというと、
やはり「しゃべり」かななんて。
(やりすぎて他人に嫌われないようにしよっと。)

主人公はさすがに極端すぎるけど、
自分の目指すべき人物像がそこにありました。


よし、DVD出たら必ず買おっと!!

posted by ます at 17:21| Comment(44) | TrackBack(7) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

ルパン

〓〓〓@〓〓〓〓.jpg

●ルパン(2004)
 監督 ジャン=ポール・サロメ
 原作 モーリス・ルブラン
 出演 ロマン・デュリス、クリスティン・スコット・トーマス、
     パスカル・グレゴリー、エヴァ・グリーン など


アルセーヌ・ルパンの生涯を描いたフランス映画。

ネットで注文してた、
アニメの「ルパン三世 カリオストロの城」が届いたので、
先週からDVD借りてて、
まだ見てなかったこの作品を見ることにしました。

一言で表すと、
かっこよくて悲しい映画。

すごくスタイリッシュで、
なかなか魅了されるんだけど、
いかんせんストーリーが暗い。

人を殺さないと決めていたのに・・・。
奥さんが・・・。
子どもが・・・。


ちなみに、
クラリスとカリオストロという人物が出てきました。

クラリスは、従兄妹で奥さんになる人。
カリオストロ伯爵は、ライバルで恋人。

なかなか複雑な人間関係の中に
この2つの名前が出てきて少し面白かったです。

posted by ます at 16:24| Comment(0) | TrackBack(1) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

〓〓〓〓〓[@〓〓〓〓〓〓.jpg
 

●インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア (1994)
 監督 ニール・ジョーダン
 出演 ブラッド・ピット、トム・クルーズ、スティーヴン・レイ、
     アントニオ・バンデラス、キルステン・ダンスト  など


もう10年以上前の映画で、
前から見よう見ようと思ってDVDを買ったものの
なかなか見る機会がなかった作品です。

ジャンルは何になるんだろ?
ホラー?
アクション?
ヒューマンドラマ?

多分最後の「ヒューマンドラマ」が近いかな。
(吸血鬼なのにね・・・。)

しかし、
映画見る前に、このタイトルを見たときは、
「インタビュー」というコトバに、
「遭遇する、対峙する」みたいな意味があるのかな、
と思っていたんだけど、実際映画見たら、
普通に報道記者が吸血鬼にインタビューしてんのね。

何じゃ、こりゃ。

しかも、
ブラッド・ピット、トム・クルーズ、アントニオ・バンデラスなんて、
結構の俳優陣を使っている割には、
少し話がわかりにくいせいか
不完全燃焼で終わってしまっている気がします。

ちょっとそこが残念。

posted by ます at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

スウィングガールズ

〓〓〓〓〓〓[〓〓.jpg 

●スウィングガールズ(2004)
 監督 矢口史靖
 出演 上野樹里、貫地谷しほり、本仮屋ユイカ、豊島由佳梨、
     平岡祐太、竹中直人


今まで見ようと思って見れてなかった映画。
で、こないだ見た「リンダリンダリンダ」と同じ、
女の子を中心とした青春音楽映画。
それだけで充分、心が晴れやかになるやね。

音楽もかっこよくて、見てて清々しい気持ちになりました。

好きなシーンは、信号機の音楽でジャズするところ。
気になるあの娘は、ドラム「関口」役の本仮屋ユイカ

 
 
話はこの映画から離れますが、 
そういえば、上野樹里、
今度ドラマで、「のだめカンタービレ」やりますね。
マンガ読んでるから、少し気になる。
でも、ギャップが大きそうで、つまりがっかりしそう。
どうしよっかな。
 
それより、
出演作でいうなら、
今度公開する
「虹の女神」ってのが気になる。
監督は、熊澤尚人っていう人で
よく知らないんだけど、
プロデュースを岩井俊二がやってるようです。
 
こりゃ、気になるわい。
posted by ます at 22:23| Comment(0) | TrackBack(2) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

クール・ランニング

 〓[〓@〓〓〓〓〓.jpg

●クール・ランニング(1993)
 監督 ジョン・タートルトーブ
 出演 レオン、ダグ・E・ダグ、マリク・ヨバ、ジョン・キャンディ、
     レイモンド・J・バリー、ピーター・アウターブリッジ


もう10年以上も前の映画だけど、
結構人気だったから好きな人も多いのでは?

高校の時、途中まで観たんだけど、
ちょっとした理由でそれ以降見れなくなった作品。

で、今回最初から最後まで見てみました。

さすが、名作といわれるだけあって、
なかなか面白いですね。

映画全体にリズムがあって、
観てて心地よい感じです。

レゲェだからですか?

全くもって未知なものに対しての挑戦。
で、それに対して、全く認めようとしなかった
敵(ライバル)が最後は認めてくれる。

こういう映画の王道的ストーリーではあるけど、
やっぱりそういうのって感動を呼びますね。

ん。
よかった。

posted by ます at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

UDON

´£〓??.jpg

●UDON(2006)
 監督 本広克行
 出演 ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本、
     鈴木京香、片桐仁(ラーメンズ)、与座嘉秋、川岡大次郎、
     ムロツヨシ、永野宗典、佐々木蔵之介 など


一人、新宿スカラ座で見てきました。
こういう多分賛否が分かれるような映画は
一人で見るに限りますな。

個人的には結構好きでした。
映画のストーリーは、
まぁ、予想した通りって感じですが、
細かい設定とかが結構気に入りました。

例えば、
少し前に見た、同じ本広監督の「サマータイムマシンブルース」と、
全く同じキャラクター設定で、
与座嘉秋、川岡大次郎、ムロツヨシ、佐々木蔵之介が
出てきてるってこと。
永野宗典だけは、ちゃんとおいしい役をもらってるようですが。


あとは、

・そもそもユースケ・サンタマリアが好き。
 (胡散臭さとかが何か自分とカブるとこがあって共感。)

・コニタンがかなりかわいい。

・トータス松本がかなりおいしい。
  アコースティック「バンザイ」はズル過ぎ。

・片桐仁(ラーメンズ)が、シュールに面白い。

・うどんが美味そう過ぎ。映画終わったら食べた過ぎ。

って感じですね。


多分、面白いと思う人はそこそこいて、
なんだかなぁ、って人はそれより多くいるかも、
って感じなので、
好きかもって人がいたら行ってみてくれろ。

posted by ます at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

いまを生きる

¢??°ж??〓.jpg

●いまを生きる(1989)
 監督 ピーター・ウィアー
 出演 ロビン・ウィリアムズ、イーサン・ホーク、
     ロバート・ショーン・レナード、ジョシュ・チャールズ、
     ゲイル・ハンセン、ディラン・カスマン など


土日で、ちょっと消化不良な映画を見たので、
昔見た、“保証されてる”映画を見ました。

何度見ても良い。
本当に、学校をテーマにした映画の中で、
トップレベルの映画だと思います。

親からの大きすぎる期待、
学校の厳しい規則などに縛られながら、
日々を過ごしていた学生達に、
夢を持つこと、自由であることの素晴らしさを
教えてくれる先生。

その奇抜すぎる教育方法に、
最初は戸惑っていたものの、
次第に生徒達は、一人、また一人と心を開いていく。

そんなある日、夢を持つこと、自由という翼を、
親に奪われてしまった生徒がある行動をとる。
(堪えないと、涙が止まらんです。)

その責任を取らされ、学校を去っていく先生。

しかし、生徒達は・・・。


ストーリーの流れには、
それほど激しい起伏があるわけではない。

ただ、かなり重いテーマを、
つまらないシリアス一辺倒の映画にも、
ロビン・ウィリアムス任せのコメディにするわけでもなく、
この時代の映画にある特有な、“静かな流れ”をもって構成されている。


ちょっと、この映画は上手く説明できないかも。

見てない人いたら、
自分の目で見て、
自分の心で感じてほしい作品です。

posted by ます at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

フック

〓〓〓.jpg 

●フック(1991)
 監督 スティーヴン・スピルバーグ
 原作 J・M・バリー
 出演 ロビン・ウィリアムズ、ダスティン・ホフマン、ジュリア・ロバーツ、
     ボブ・ホスキンス、フィル・コリンズ、グウィネス・パルトロー など

友達に、以前、
『ピーターパン系だと、ロビン・ウィリアムズ主演の「フック」が好きー。』
なんて言われたから見てみました。

なるほど、確かに割と面白かった。
でも、まぁ、骨子は「親子の関係の修復」ってテーマの
ベタなファミリー映画って感じですな。
しかし、なぜタイトル、「フック」なんだろ。

さて、

見てみて、一つ設定として面白かったのが、
ピーター・パンが“おっさん”だってこと。
そう、ロビン・ウィリアムスがピーター・パン。

本来、ピーター・パンは
大人にならない子どもの話なのに、
この設定は随分思い切ったなぁ、と。

そして、もう一つ。
俳優陣が相当充実してたこと。

見ている時は、全く気づかなかったんだけど、
フックがダスティン・ホフマン、
ティンクがジュリア・ロバーツ。

びっくり。
たしかにティンク、ちょっと老け顔だけど、
かわいいなぁと思ってたら、ジュリア・ロバーツだったのね。


あと、同じ小説(原作)をもとにした、
違う映画を続けてみるってのは面白いね。

設定とかが全然違って、
ほほぅ、こんな視点もあるのか、っていう勉強になる。

posted by ます at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

ロミオ&ジュリエット

〓〓〓U×〓〓〓〓〓.jpg

●ロミオ&ジュリエット(1996)
 監督 バズ・ラーマン
 原作 ウィリアム・シェイクスピア
 出演 レオナルド・ディカプリオ、クレア・デインズ、ジョン・レグイザモ、
     ポール・ラッド、ハロルド・ペリノー など


ディカプリオ+クレア・デインズの方の
ロミオ&ジュリエットです。

監督は、ムーラン・ルージュのバズ・ラーマン。
たしかに、あの派手な雰囲気が
似てるっちゃ似てるかもね。

多分もう3回目ぐらいになると思うけど、
何回見てもやっぱり良い!!

何が良いって、
モンタギュー家VSキャピュレット家を
ギャング間の抗争にしてるのも面白いし、
ディカプリオの演技もまぁ良いんだけど、

何よりも
ジュリエット役の
クレア・デインズがかわいすぎる!!

うわぁ、
羽生えてますよ!
本当に天使じゃねぇかって感じがするよ。

今まである程度たくさん映画は見てきた気がするけど、
「ロミオ&ジュリエット」の「クレア・デインズ」が
一番好きかも。

またいつか、
こんな理由でまたこの映画見るんだろな。

posted by ます at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

博士の愛した数式

??〓????????Д〓.jpg

●博士の愛した数式(2005)
 監督 小泉堯史
 原作 小川洋子
 出演 寺尾聰、深津絵里、齋藤隆成、吉岡秀隆、浅丘ルリ子など


監督は、大好きな「雨あがる」と同じ小泉堯史。
そういえば、「雨あがる」も主役寺尾さんだったな。

まぁ、それはいいとして、今回もなかなかほのぼのとした、
時間がゆっくり流れていくようなお話でした。

温かい。そして心地よい。

事故により80分しか記憶がもたなくなってしまった天才数学者と、
母子二人によるお話。

自分が“記憶”することができないことに、
時たま苛立つことがあるものの、
いつもは純粋に数字、数式を愛し続ける博士。

そして、そんな純粋な心から、
目に見えないものの素晴らしさを教えてもらう母子。

色々なものに対する想いを、
“数式”で表現していく様はすごく
純粋で、すごくかっこよかった。

ほのぼのしたい人にはオススメかも。

posted by ます at 16:35| Comment(0) | TrackBack(1) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

「トゥルーマンショー」

〓〓〓[〓〓.jpg

●トゥルーマン・ショー(1998)
 監督 ピーター・ウィアー
 出演 ジム・キャリー、エド・ハリス、ローラ・リニー、ノア・エメリッヒ
     ナターシャ・マケルホーン  など


また見てしまいました。
このDVD何回見るんだろ。
買っといてよかった。

この作品、自分の中の映画ベスト10には
確実に食い込んでくる映画。

そもそもジム・キャリーが好きということも
もちろんあるけど、それに加えて

この映画、
「シリアス」なのに「コミカル」。
「コミカル」なのに「シリアス」。
このバランスが絶妙です。
見事。

同じ年に出た「エドTV」という作品が、
設定的に酷似しているように個人的には思うんだけど、
断然こっちが好き。
(「エドTV」も割と好きだけどね。)

この作品、
まだ見てない人いたら、
是非見てほしいですね。

ラベル:映画 ジム DVD
posted by ます at 18:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

死ぬまでにしたい10のこと


●死ぬまでにしたい10のこと(2003)
 監督 イザベル・コヘット
 出演 サラ・ポーリー、 スコット・スピードマン、デボラ・
     ハリー、マーク・ラファロ など


タイトルが気になって、
だいぶ前にDVD買ったんだけど、
なんとなく暗くなりそうだから見てなかった作品。

ちなみに原題は、
「My life withou me」
これも何か切ないです。

でも、実際見てみると
切ないんだけど、意外に明るめだった。

よかったよかった。

ストーリーは、
23歳の女性(夫子持ち)が、余命2、3ヶ月と診断され、
死ぬ前にやり残したことが無いように、
最後まで精一杯生きてくという話。

ちなみに、彼女の選んだ10は、

@娘たちに毎日「愛してる」と言う
A娘たちの気に入る新しいママを見つける
B娘たちが18歳になるまで毎年贈る誕生日のメッセージを録音する
C家族でビーチに行く
D好きなだけお酒とタバコを楽しむ
E思っていることを話す
F夫以外の人とつきあってみる
G誰かが私と恋に落ちるよう誘惑する
H刑務所にいるパパに会いに行く
I爪とヘアスタイルを変える

切ないです。

特に@〜Cのシーンは割りとくるものがありました。
逆にF、Gでは相手の男の人と、旦那に切ないもの感じました。


さて、自分だったら何をするだろう。
Dは確定、
F、Gもいいなぁ。ムリっぽいけど。

それ以外は
美味しいものを食べるとか、
行ったこと無いところに行くとか。

・・・。

割と思いつかないものですね。

それは今の生活がなんとなく幸せなものだからなのか、
実際その境遇になってみたいと想像つかないものなのか。

どちらかわからないけど、
自分とか、自分の好きな周りの人に
そういう日が来ないように、
映画終わった後に祈ってみたとさ。

では。

posted by ます at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

明日の記憶

  

●明日の記憶(2006)
 監督 堤幸彦
 出演 渡辺謙、樋口可南子、坂口憲二、吹石一恵、水川あさみ、
     及川光博、香川照之、大滝秀治、田辺誠一 など


「トリック」、「IWGP」の堤幸彦監督。
けど、全く“笑い”はありません。

開始30分からラストまでほぼ泣き続け・・・。

ヤバイよ。この映画。

働き盛り(49歳)の主人公が若年性アルツハイマーに
なってしまう、というストーリーなんだけど、
年齢は全然違うけど、共通点が多すぎ。
・同じような業界勤務
・酒好き
・名前も一緒

凹みます・・・。

会話内容、場面設定、セリフがあまりにもリアルすぎて
より凹みます。

・「ラッピングバス」「メトロジャック」「媒体」「コマフォト」「販促会議」「〜ちゃん」など(あまり一般的ではないわな)

はぁ〜。

あと、奥さんが献身的であればあるほど、
凹みます。
こっちは未婚だが。

どうせ泣くんだろうな、と思って行ったら、想像以上だったので、
自分の涙がまだ枯れてないか確かめたい人いたら、
見に行ってみるといいかも。

posted by ます at 01:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

エドtv

  
 

●エドtv(1998)
 監督 ロン・ハワード
 出演 マシュー・マコノヒー、ウディ・ハレルソン、ジェナ・
     エルフマン、マーティン・ランドー、デニス・ホッパー


忙しくて全然映画見れなかった。
ので、無理やり26:30から見始めたら、
映画終わったら外、わりと明るいでやんの。

でも、途中で眠くなったりしない面白い展開だった。
内容としては、潰れそうなケーブルTVの会社が一つの企画を
提案することから始まる。

内容は、
「一人の男の生活を24時間撮り続け、オンエアし続けること」

もしかしたらジム・キャリーの「トゥルーマンショー」は、
この映画からヒントを得て制作されたのかなと思って、
今調べてみたら、そっちも1998年だった。

奇遇ですな。

内容に戻ると、TVに出続けることで、男は急速に有名になり、
自分は人気がある、モテるってことを自覚することで、
人生の歯車が狂い始めるって話。

色々ドタバタあり、心温まるシーンありで結構好きでした。

見終わって、
やっぱり、
今の家族が良い、

今の友達が良い、 

今の生活で良い、
と思いました。

posted by ます at 11:45| Comment(1) | TrackBack(1) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

嫌われ松子の一生


 

●嫌われ松子の一生(2006)
 監督 中島哲也
 出演 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、 黒沢あすか、
     柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ、 片平なぎさ 、
     ゴリ、竹山隆範、谷原章介、甲本雅裕、宮藤官九郎、
     谷中敦、劇団ひとり、BONNIE PINK、武田真治、荒川良々、
     土屋アンナ、AI、山田花子



少し前になりますが、初日に見てきました。
おかげで、渋谷クィントの8Fから1Fまで並ぶ混みよう。
ただ、立ち見確定ですと言われていたのに、
真ん中辺りの良席には目もくれず、
前の端の方を目掛けたら戦略勝ちで座れた。
ラッキ〜。

そして、最大ラッキ〜は、
急遽中島監督と中谷美紀が舞台挨拶に来たこと。
うぉ、10m以内に有名人が!!
中島監督、下妻物語の人だぁ。
中谷美紀、顔ちっちぇ〜。

相当満足。


で、映画の内容にもだいぶ満足。
ただ、多分好き嫌いがはっきり分かれる映画だとも思う。
話も暗いというか、もう壮絶だし。
個人的には、かなり豪華な俳優陣に加え、
映像と音楽の充実という点が満足した点かな。

うん、
見るまでは、
「間宮兄弟」にしようか、
「明日の記憶」にしようか迷ってたけど、
見てよかったよかった。


♪ま〜げて〜、のばして〜、おほしさまをつかも〜♪

♪Love is bubble, Love is trouble〜♪

♪Love is a life〜♪

posted by ます at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

容疑者 室井慎次


 

●容疑者 室井慎次(2005)
 監督 君塚良一
 出演 柳葉敏郎、田中麗奈、哀川翔、八嶋智人、吹越満、柄本明、
     佐野史郎、真矢みき、筧利夫


ようやく見ました。
気にはなってたんだけど、映画館で見るほどでも無いし、
レンタルしたかったんだけど、貸し出されてたし、
やっとこさです。

ん〜、まぁ可もなく不可もなくって感じですかね。
同じアナザーストーリー系の「交渉人 真下正義」にはおよばない感じ。

ちょっと法廷モノ×政治な内容だからどうしても地味になるわな。
あと、全体的に暗いトーンだから
皆ボソボソしゃべってて話が聞き取れません。
お〜い、言いたいことははっきり言え〜。

ただ、特記するとすれば八嶋がすごい。
こないだ誰かと話してて、
ああいう嫌な性格のキャラをやらせると抜群だという結論になりました。
すごいよ、あんた。不愉快だよ。映画の中だけだけど。

posted by ます at 14:25| Comment(0) | TrackBack(1) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。