2006年09月21日

ロボコップ2

〓〓〓〓〓??.jpg

●ロボコップ2(1990)
 監督 アーヴィン・カーシュナー
 出演 ピーター・ウェラー、ナンシー・アレン、ダニエル・オハーリヒー、
     ベリンダ・バウアー、ガブリエル・ダモン など


こないだ見た1に引き続き見てみました。

いやぁ、今回もなかなか面白かった。
久しぶりに見ると、アクションなのに、
ちょっとした哀愁を感じますね。

ロボコップになる前の自分の息子に
その姿を重ね見てしまう敵の少年に
体をバラバラに分解されるシーンとか、
結構エグかったす。
割と凹むや〜ん。

で、そういう人間模様とは別に、
昔のCGって何か見てるとちょっとした
懐かしさというか、そのもの自体に哀愁を感じてしまう。
あれ?自分だけ?

監督も音楽も1と違ってるところから
考えられる映画業界の裏事情にも
一抹の哀愁が。

で、最後は1同様、
(人間?それとも人間じゃない?)ロボコップが、
「人間だもの」
みたいなセリフをサラッと言うところが
なんとなくお茶目で良い感じ。

・・・。
でも「人間だもの」って。
相田みつをじゃねんだからさ。

でも、ま、
1と違ったお茶目ロボコップが見れるし、
久しぶりに見ても良いと思うよ。

posted by ます at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24161003

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。