2006年08月30日

いまを生きる

¢??°ж??〓.jpg

●いまを生きる(1989)
 監督 ピーター・ウィアー
 出演 ロビン・ウィリアムズ、イーサン・ホーク、
     ロバート・ショーン・レナード、ジョシュ・チャールズ、
     ゲイル・ハンセン、ディラン・カスマン など


土日で、ちょっと消化不良な映画を見たので、
昔見た、“保証されてる”映画を見ました。

何度見ても良い。
本当に、学校をテーマにした映画の中で、
トップレベルの映画だと思います。

親からの大きすぎる期待、
学校の厳しい規則などに縛られながら、
日々を過ごしていた学生達に、
夢を持つこと、自由であることの素晴らしさを
教えてくれる先生。

その奇抜すぎる教育方法に、
最初は戸惑っていたものの、
次第に生徒達は、一人、また一人と心を開いていく。

そんなある日、夢を持つこと、自由という翼を、
親に奪われてしまった生徒がある行動をとる。
(堪えないと、涙が止まらんです。)

その責任を取らされ、学校を去っていく先生。

しかし、生徒達は・・・。


ストーリーの流れには、
それほど激しい起伏があるわけではない。

ただ、かなり重いテーマを、
つまらないシリアス一辺倒の映画にも、
ロビン・ウィリアムス任せのコメディにするわけでもなく、
この時代の映画にある特有な、“静かな流れ”をもって構成されている。


ちょっと、この映画は上手く説明できないかも。

見てない人いたら、
自分の目で見て、
自分の心で感じてほしい作品です。

posted by ます at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。