2006年08月07日

博士の愛した数式

??〓????????Д〓.jpg

●博士の愛した数式(2005)
 監督 小泉堯史
 原作 小川洋子
 出演 寺尾聰、深津絵里、齋藤隆成、吉岡秀隆、浅丘ルリ子など


監督は、大好きな「雨あがる」と同じ小泉堯史。
そういえば、「雨あがる」も主役寺尾さんだったな。

まぁ、それはいいとして、今回もなかなかほのぼのとした、
時間がゆっくり流れていくようなお話でした。

温かい。そして心地よい。

事故により80分しか記憶がもたなくなってしまった天才数学者と、
母子二人によるお話。

自分が“記憶”することができないことに、
時たま苛立つことがあるものの、
いつもは純粋に数字、数式を愛し続ける博士。

そして、そんな純粋な心から、
目に見えないものの素晴らしさを教えてもらう母子。

色々なものに対する想いを、
“数式”で表現していく様はすごく
純粋で、すごくかっこよかった。

ほのぼのしたい人にはオススメかも。

posted by ます at 16:35| Comment(0) | TrackBack(1) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22043218

この記事へのトラックバック

NO.147「博士の愛した数式」(日本/小泉堯史監督)
Excerpt: 丁寧に丁寧に、書き言葉が話し言葉に、 置き換えられていく。 小説を原作にした映画作品は多くあるが、僕は、ここ数年の邦画で、これほど原作がもっている気品を大切にしながら、当の作家も感動するような、映像..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2006-08-09 14:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。