2006年06月14日

ルパン三世 天使の策略(タクティクス)〜夢のカケラは殺しの香り〜


 

●ルパン三世 天使の策略(タクティクス)
 〜夢のカケラは殺しの香り〜(2005)
  監督 宮繁之
  原作 モンキー・パンチ


今回も面白かった。
っていうよりすごい洗練されている印象を受けた。
最近の作品だからかな?

ルパン、次元、五右衛門、不二子(そして銭形)のそれぞれに
ライバルというか敵がついていて、
各々の対決がなかなか見ものでした。

ただ、ちょっと敵ボスが誰かが最初から読めやす過ぎだけど、
出てくる敵女性陣もかわいいし、楽しめました。

なかなか良い作品ですよ。


ところで、ルパンシリーズがそろそろ
廉価版(といっても邦画だから高いけど)DVDとして、
発売されるという噂を聞いたけど、まだかね?

posted by ます at 14:27| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ルパン三世 カリオストロの城|宮崎駿
Excerpt: はじめまして。記事拝見しました。よろしければ私の記事の関連リンクに登録して頂けませんか?TBで登録できます。ご迷惑になりましたら削除して下さい。
Weblog: スタジオジブリと宮崎駿の口コミ情報
Tracked: 2006-06-20 14:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。